WDB工学株式会社

インタビュー

WDB工学で働く社員やサービスをご利用いただいているお客様へインタビューをしました。就業先での様子やそれぞれの想い等とともにご紹介します。

Interview 01WDB工学出身者に聞きました

派遣先で認められ
希望のキャリアを実現

宮野 貴行
2016年:WDB工学に入社
2019年:派遣先で正社員として直接雇用

新卒でWDB工学に入社し、システム開発会社に配属されました。

私が大切にしてきたことは、与えられた仕事にしっかりと対応して、派遣先の期待に応えることです。求められるレベルは次第に高くなりましたが、勉強してスキルを上げ、周りの人と協力することを心がけてきました。 そして、派遣先で認められ、正社員として直接雇用されるという希望をかなえることができました。

職場でコミュニケーションがスムーズにとれたのは、WDB工学で社会人としての基礎を学んだからだと思います。また、定期訪問は話を聞いてもらうだけでなく、自分が派遣先で何を求められているのかを知る機会でもありました。
現在の職場では、上司がどのようなシステムを作るかを企画し、指示通りにプログラムを構築する業務はおもに新人が担当していて、私はその中間の立場にいます。 メインで企画に携われるようになることが、私の今の目標です。

Interview 02WDB工学本社社員に聞きました

各自に合わせた社員指導と
お客様へのサービス向上

清水 彩花
WDB工学(2016年入社)
社員指導担当者

私たちは、技術社員との関係性を大切にしています。社員には、お客様に喜ばれるサービスをしてもらいたい。そのために必要なことは人によって違うので、一人ひとりと向き合い、それぞれの特性に合った指導やフォローをしています。

風通しがよく、アットホームな雰囲気なのも会社の特徴です。技術社員と管理職の距離が近く、本社に対して社員から多くの意見や提案があげられます。その意見が取り入れられることも少なくありません。

普段は違う配属先で就業している社員同士も、2か月に1度の定例会(研修)やプロジェクト活動などを通じて仲良くなっています。定例会では毎回安全研修を行っており、お客様からは「安全意識が維持されている」と評価頂いています。

Interview 03お客様に聞きました

期待通りの人材と充実したサービス

N.N様
業界:IT

現在当社には、就業開始から約2年になるWDB工学の社員さんがいます。彼には以前より難易度の高い仕事をお願いすることも増えましたが、しっかり対応してくれています。

月に1度の定期訪問は、派遣先にもありがたいサービスです。正直、派遣社員の人には直接言いづらいこともあるのですが、担当の方を通じて伝えられるので助かっています。特に、新入社員には不安がつきものですが、そこをケアしてくれるのですぐに辞めてしまうこともなく、安心して受け入れることができます。

派遣先として派遣社員に求めるのは、技術的な素養、素直、まじめ、そしてやる気があることです。WDB工学の社員さんは、期待通りの人が多いです。

WDB工学の強み