教育・研修制度

教育・研修制度

配属先では身につかない総合力を高めるために社内研修を実施することで、配属先の経験と社内研修が相互作用を起こし、皆さんのレベルを高めます。

社内ビジネススクール

WDBユニバーシティ

WDBユニバーシティは、WDBグループの社内ビジネススクールとして2012年に建学されました。実務を補完する教育や働きながら就業先では得られない体験を通じて、ストレッチ体験を積める教育機関を目指します。

研修制度

WDBユニバーシティの他にも、WDB工学独自の研修として様々な教育研修を実施しています。
基本となる理念は、学んだことを配属先での業務に活かすこと、配属先で得た疑問を解消すること。単なる座学ではなく、実践的な教育を実施しています。

内定者研修

入社までに複数回の研修を予定しています。研修形式は集合研修とe-learningによる研修です。学生時に学んだことの復習を目的にしています。

新入社員研修

神戸にあるWDBの研修施設で約3週間、宿泊型の合同研修を行います。配属先で業務を遂行するために必要なビジネスマナー、専門知識・PC研修、グループワークなどを行います。

技術向上研修

この技術があればずっと大丈夫、という技術はありません。社内研修では、皆さんが配属先で更なる技術を身につけるために必要な基礎力を高める研修を実施します。

定例会

2ヶ月に一度エリアごとに分かれて研修を行います。会社の情報共有をはじめ、安全衛生、お客様へのサービスの質の向上、技術者としての成長を目的とした研修に加え、社内プロジェクト参加やキャリア研修など、ビジネスパーソンとしての成長を支援する研修を行います。

プロジェクト活動

開発現場では経験できないことを、プロジェクトを通して経験することにより、技術力だけではなく、総合力を身につける場としています。

【プロジェクトの一例】

  • ・サービス向上委員会/顧客満足向上のための研修を実施
  • ・採用支援プロジェクト/就職活動中の学生支援や内定者イベントの運営

リーダー制度

エリアごとにリーダーを設置し、エリア別のイベントや定例会の研修のフォローを行います。
リーダーは社員と会社をつなぐ橋渡しであり、社員の規範として活躍します。

キャリア研修

定例会の中で、毎回キャリアについての研修を行います。キャリアとは与えられるものでなく、自身で作り上げるもの。そのためのお手伝いを会社が行います。

ページトップへ